一度きりしか遊べない、今話題のマーダーミステリー!

今夜はわたくし、@こりんがゲームマスター(略称:GM)となり、みなさんをマーダーミステリーの世界へ誘います...



会場は、はじめての場所です。バーなので、1時間最低1杯のドリンクオーダーが必要とのこと。1杯1000円前後とのことでしたので、飲み放題プランへさせて頂きました!ご飯は、各自軽く食べてきてくださいませ~👨‍🍳🍖(お腹いっぱいすぎないよう、頭働く程度に!)


19:00 会場貸切 開始時刻

    自己紹介、場所準備

19:15 ルール説明&ゲーム開始予定時刻

~22:00 店舗貸切 終了時刻 




以下、抜粋


*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*


「約束の場所へ」
 一般販売参考価格 ¥5,500- 日本語マニュアル付(価格はボドゲーマ情報よりこちら

 ゲムマ販売価格 ¥5,000- (ゲームマーケット2019春での情報はこちら

 プレイ時間:120〜150分
 プレイ人数:6人必須


 ・ゲームデザイン|アフォン・リー(Afong Lee)
 ・ゲームデザイン|張恆作(Zhang-heng)
 ・出版社|Moaideas Game Design(モアイディアス ゲームデザイン)台湾




<プチ情報>
数多くあるマーダーミステリーの中でいち早く日本語化され、2019年春のゲームマーケットで販売されました。
市販品としては日本で最速で手に入れられた作品だったそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<シナリオ紹介>
春も終わりかけたころ、スポーツ特待生の「裕也」は、あるイベントを企画した。


リーダー「真司」の家族が所有する別荘に泊まり、近くにある有名な恋愛成就のほこらを観光しようというものだ。

参加者は裕也の彼女「夏希」
そのおてんばな妹「夏海」
そして夏希が誘った内向的な文学少女「汐璃」
と助教の「慶一郎」である。

「夏希」はこの旅行で「汐璃」に友達ができればと思っていた。

旅行は2泊3日の計画だったが、予定通りとはいかなかった。
まずは真司が買うコーラを間違えたことが原因で裕也と口論になった。また、日程のことで全員の間に不和が生じたりもした。間に合わせの夕飯を取り、ロビーでテレビゲームをして各自が部屋に戻るころには、窓の外で大粒の雨が降っていた。まるでトラブル続きのあなたたちをあざ笑うかのように……。

翌日、太陽とともにやってきたのは爽やかな朝ではなく、険しい顔の警察官であった。警察官はにわかには信じがたい情報を口にする。「裕也の死体が恋愛成就のほこらで発見された」というのだ。昨日の大雨のせいで、外部の警察が応援に来るには時間がかかる。最後に被害者と一緒にいたあなたたちは、当然、捜査への協力を要請される。場を支配する沈黙の中で、皆は同じ考えを口に出せないでいた──犯人はこの中にいるのだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<ガイドライン> (出版社提供の情報はこちら
イベントの開催は、1回/週までの頻度でお願いします。

まだ遊んでいない方のためにも、ネタバレとなる「シナリオ」「カード」「犯人」「結末」の内容や感想、画像はSNS等で公開されないように、プレイヤーに厳重な注意喚起をお願いします。

プレイする際には、必ず、周囲に未プレイの方が居ない環境をご用意ください。他のお客様の居る営業中のカフェなど、オープンなスペースではプレイしないよう注意願います。